HOME>ホットトピックス>ニオイを抑える対策にはセルフケアと医療施術がある

殺菌作用のある石鹸を使用してみる

女性

体臭の原因に落としきれない汗の問題があるため、入浴時にしっかりと落とす意識をしましょう。柿渋などの殺菌作用のある石鹸を使用すれば、汗をかいたときに雑菌が発生しにくい状態にしてくれます。巷には体臭を改善させるさまざまな方法がありますが、ニオイを発生させないことは究極のケアでもあります。ひとたびニオイが発生してからデオドラントを塗っても、ニオイを無臭化させることはできません。香水をイメージするとわかりますが、香水は体臭を消すものではなく、他のニオイと混合させることが目的です。柿渋石鹸は過剰な皮脂を抑えたい人にも適しており、洗顔に使用している人もいます。

ボトックス注射は発汗を抑制する

体臭の悩みを根本から改善させるためには、医療機関でボトックス注射を受ける方法があります。筋肉を収縮させて毛穴を適度に塞ぐことにより、汗をかきにくい状態にするのです。体臭の最大要因は汗にありますから、いかに汗を減らすかが体臭改善のポイントになります。多汗症やワキガの人はセルフケアによる対策では十分に体臭を抑制できないので、定期的にボトックス注射を受けておきましょう。汗が減ればニオイが軽減することに加えて、下着の黄ばみも解消できます。また体臭が改善すれば自律神経のバランスがよくなり、汗自体が減るという好循環が期待できます。